IP電話:無料で電話をかけましょう!


 さつま町もかなりフレッツADSLやBフレッツのエリアが広がって来ました。
 定額料金で高速にインターネットに接続できるのが売りなのですが、特にパソコンを必要としなくても使えるインターネットのサービスもあるのですな。

 IP電話はインターネットを利用した電話のサービスです。
 IP電話対応のモデムに今まで使ってきた電話を接続して、後は登録作業をするだけでOK。今までどおり普通にダイヤルするだけです。
 インターネットの接続料は、フレッツADSLやBフレッツ、各プロバイダの接続料で支払い済みですから、その定額料金でIP電話を使用することができます。

 同じプロバイダや、提携しているプロバイダ間の、IP電話どうしの通話はインターネット回線しか使用していませんので距離や時間に関係なく無料です。(提携していないプロバイダ間の場合は有料になります。でも市内通話なみ)
 IP電話から一般の電話にかけた場合でも、長距離通話であれば、ほとんどがインターネット回線を利用しての通話ですから、後は一般の電話回線を使った分だけの料金となります。つまり、市内通話の料金で長距離電話がかけられるってことです。

 同様に、一般電話からIP電話にかけても一緒で、同じように安くかけられるわけです。
 これ結構大事なことで、お客さんがあなたのお店に電話をかける場合でも、電話料金をさほど気にしなくても良いってことなのですね。
 一般電話でもフリーダイヤルみたいなサービスもありますが、これは料金は自分持ちです。どちらがお店におトクであるかは自明の理ですね。

 インターネットの接続の費用も、フレッツADSLやBフレッツの接続料とプロバイダの料金を合わせれば数千円になりますから、はっきり言って、パソコンでの利用だけでは勿体無いのです。
 数千円の電話料金を支払う方は、そのお金が節約できることで、インターネットの接続費用をまかなうことができますし、かなりの電話代を使うお店はIP電話を使うことで経費の節減ができることになるのですね。

 ちなみにNTTがくれるタダのADSLモデムにはIP電話機能はありません。
 IP電話を利用してもらっては電話収入が減るから、IP電話機能付のモデムをタダでくれるようなことをするはずがありませんね。(^_^;)
 IP電話機能付のモデムは1万数千円からあります。
 タダのモデムを利用するか、少しお金を払ってIP電話を利用するかは、あなた次第です。


OCN|IP電話(ドットフォン)
http://www.ocn.ne.jp/voip/?L

[IP電話・メッセンジャー]All About Japan
http://allabout.co.jp/computer/ipphone/


         Next >>